GODヒーリング 神から特殊な能力を授かり、触るだけで未来を透視する
サイキックライトワーカー養成スクール
こんな方にお勧めです
こんな方にお勧めです
サイキックライトワーカー養成スクールの特徴

後期からのチャネリングの授業には、チャネリング専門講師がひとりひとり
 指導します

1回、50万円から100万円以上と言われるハイヤーセルフと繋がるアチ
 ューメントを、何回でも受けられます

チャネリング脳にする独自のプログラムを実践します

自分のエネルギーと他人のエネルギーを区別するためのプロテクト、自分を
 守るためのプロテクト、多くのプロテクト方法を学びます

能力を開くには練習が必要です。
 チャネリングや透視リーディングの能力を開花させながら、
 各種のヒーリング技術も習得できるようになります

ヒーラーやチャネラーで活動する方は、れい華HPやブログに掲載します

撮影フォロー、希望者は宣伝用の映像を作成します


講座の内容

◇前期の授業

セッション前のエネルギーの調整、宇宙エネルギーを貰う方法を学びます

自分を守るための多くのプロテクト方法を学びます

透視能力の練習 全感覚を開く練習
 毎日、全感覚を開く練習をしたことにより、私の場合、クライアントの脳のどの部分
 をヒーリングしたらいいか教えてもらえるようになりました。脳の調整が出来るよう
 になりました。全感覚器官が開くことにより、視えたり聞こえたりしなくても分かる
 という感覚が発達します。

人間のエネルギーセンターである7つのチャクラを浄化し活性化する

憑依や異次元の存在など、不適切なエネルギーを除去する

役に立たない思い込みや行動パターンの解消する

過去世のクリアリング/ヒーリングをする

魂レベルでの癒しのヒーリングをする

体に触れるヒーリング方法をまなぶ

心意的な悩みの解消、肉体的な不具合の改善、性格の改善等まなぶ



◇後期の授業

1回目はハイヤーセルフと繋がるアチューメントを行います。受講生は各自、
 田園調布のセッションルームに来てもらいます。

チャネリング/リーディング/ヒーリングの練習
 チャネリング専門の講師により個別指導
 チャネリング脳になるプログラム
 各種ヒーリングを習得

超聴覚、超視覚を磨いてさらにリーディング能力を高めます

心の奥深くにあるネガティブなエネルギーのクリアリング

潜在意識レベル、無意識レベルのヒーリング

肉体やエネルギーに刻まれたパターンの解消

インナーチャイルドのヒーリング

体に触れないヒーリング方法をまなぶ



◇日時と詳細

前期

2017年4月〜2017年9月(8月休講)

後期

2017年10月~2018年3月

日程

4/16 5/21 6/18 7/16 9/17 後期も第3日曜日

時間

12:00~15:30 授業 15:30~ティタイム

ヒーリング授業は時間が延びることもあります

場所

渋谷区の素敵な貸オフィス(受講生にメールでお知らせします)



◇スクールを開講する理由

全国からクライアントが来店し、一般の方をはじめ経営者や医者や芸能人などの多くのクライアントをもち、多い時は、7か月待ちで予約の取れないヒーラーと言われていました。今まで多くの方の心意的なお悩み、体の不具合を改善してきて、沢山の方から喜びの言葉やお礼のメールを頂いて、確実に実績を上げてきました。
この度、「後進を育てなさい」という神の啓示があり、本格的なヒーリング、チャネリングスクールを開講することになりました。
どうしてライトワーカーの前にサイキックと名付けたかというと、ヒーリング/リーディングのやり方や手法だけ学ぶのではなく、能力が開化することも目的としているからです。
良く皆様に「本物だ」と言われますが、その技術のすべてを教えることにしました。どなたでも練習すると能力は開きますが、もっと強力に開くように、アチューメントをしたり、脳内の活性化をして、能力が少しでも早く開花するようにプログラムを構成しています。



  • 個人セッション

    個人セッション

    新しい意識への変容、
    魂の進化の個人サポート

    詳細こちら

  • セミナー&講座

    セミナー&講座

    ライトワーカーとして光を届ける
    各講座紹介

    詳細こちら

  • 講演会

    講演会

    心の豊かさをお伝えするセミナー

    詳細こちら

  • お申込・問合せ

    お申込・問合せ

    各セッションの申込み、ご質問など

    詳細こちら

  • アクセス

    よくある質問

    田園調布にあるサロンの交通機関のご案内

    詳細こちら

  • プロフィール

    プロフィール

    幼少からの現在に至るまでの経験のご紹介

    詳細こちら


このページの最上部へ